岡山県岡山市北区津島南1-1-21

岡山市 北区 インプラント インプラント治療

インプラント

  • 24時間いつでもWEB予約
  • むし歯治療
  • 歯周病治療
  • インプラント
  • 審美歯科・ホワイトニング
  • マウスピース矯正
  • 小児矯正歯科
  • 顎顔面矯正
  • 口臭治療・口臭外来
  • 料金はこちら
  • 問診表ダウンロード
  • 拡大・マイクロスコープ
  • スタッフブログ
  • スタッフ募集
facebook
インビザライン
携帯サイト
TOP»  治療のご案内»  インプラント

ンプラントとは

ンプラントとは

従来であれば、不幸にして歯牙を失った場合に、取り外し式の入れ歯もしくは両隣の歯牙を削って橋渡しの金属の歯を入れるブリッジという選択しかありませんでした。

しかし、これらの治療方法は、審美性に悪影響を与えるばかりでなく、両隣の歯牙に負担を与え、将来的には1本ずつ歯牙を失い、入れ歯でしか対応できなくなってしまうということが数多く認められました。

インプラント治療とは、チタンという生体に最も親和性の高い金属でできた人工的な根を骨内に埋入し、失った部分を元に近い状態で、両隣の歯牙に負担をかける事なく回復させることができる画期的な治療方法です。

この治療を成功に導くために、徹底した診査診断を行い、十分な説明を行った上で、患者様にとって、学術的にも技術的にも、より満足して頂けるインプラント治療を提供していきます。
 

当院のインプラントの特徴

当院のインプラント治療では世界のトップブランドであるストローマンとアンキロスのメーカーを使用しています。

歯がなくなったから、ない所にインプラントを入れるのではなく長い将来のことを見据えて全顎的な治療の一環としてインプラント治療を行います。

また、CT解析を行うことによりより安全で外科的侵襲がより少なくなるように考慮して行うことが特徴です。

治療期間は骨の状態やケースによって異なりますが、2ヶ月~6ヶ月かかります。

安心して治療を受けていただくために5年間の無料保証を付けております。

入れ歯・ブリッジとの比較

  インプラント 入れ歯 ブリッジ
治療法
インプラント
チタン製の人工的な歯根を骨内に埋入し、その上から歯冠をかぶせる方法。
入れ歯
取外し式の人工の歯を留め金で留める方法。
ブリッジ
歯を失った部分の両隣の歯を削り、
歯冠を橋渡しする方法。
見た目
・自分の歯に近い。 ・金属の留め金が見える。 ・自分の歯に近い。
噛む力
・自分の歯と同じ感覚で噛める。 ・自分の歯と比べ、噛む力が弱い。 ・支える歯に負担がかかる。
お手入れ
・自分の歯と同じように、歯磨きなどでブラッシングする。 ・入れ歯を外して洗浄する必要がある。 ・自分の歯と同じように、歯磨きなどでブラッシングする。
歯や骨への影響
・インプラントが顎に噛む力を伝えるので、骨が痩せない。
・周りの歯に負担をかけない。
・歯を失った部分の骨が痩せていく。
・留め金で支えている部分がむし歯や歯周病になりやすい。
・歯を失った部分の両隣の歯を削る必要があり、むし歯や歯周病になりやすい。
・歯を失った部分の骨が痩せていく。
その他
・簡単な手術を必要とする。 ・入れ歯が合わなくて、外れたり痛くなったりすることがある。 ・多数の歯を失った場合には使用できない。

インプラント治療の流れ

カウンセリング  
  • 歯を失った部分の状態、お悩みなどを伺います。
  • インプラント治療の方法・期間・費用などについてご説明します。
   
検査・診断  
  • 歯・顎のレントゲン撮影、歯型の採取を行います。
  • 検査結果から、再度治療方法などについてご説明します。
   
一次手術  
  • 歯肉を切開して、顎の骨をドリルで削り、インプラントを埋入します。
  • 切開した歯肉を縫合して、インプラントと顎の骨が結合するまで経過を観察します。
   
二次手術  
  • インプラントと顎の骨が結合されたのを確認し、再び歯肉を切開し、
    インプラントと歯冠を連結させる部位(アバットメント)を取りつけます。
   
人工の歯を製作  
  • 噛み合わせなどのデータから歯冠を作り、アバットメントに装着します。
   
治療終了  
  • インプラントを長く安全に使用するためには、定期的なメンテナンスが不可欠です。
    定期健診を受けるようにしましょう。